トラクターを買取する流れ|使わないトラックや中古ダンプを売る!トラクターや重機などの買取
ロゴ

スムーズにトラクターを買取するための流れ

トラクターを買取する流れ

トラクター

査定の依頼とトラクターについての説明

買取業者に査定を依頼する際は、売りたいトラクターの情報を伝えます。トラクターの種類やメーカー、型式番号、稼働時間について尋ねられるので、前もって調べておきましょう。詳しい情報が分かれば大体の査定額を教えてもらえますが、実際に目で見て査定して値段が変わることがあるので注意してください。

トラクターの修理は無理にやってはダメ

査定を行なうまでは、トラクターはそのままにする必要があります。無理に修理しようとすると、傷ついたり壊れたりする恐れがあるのです。汚れを落として、自分でできる範囲でメンテナンスをするだけで十分です。

査定を行なって納得できたら買取成立

買取業者の査定が行なわれ、買取金額に納得することができたらトラクターを売ることができます。業者によってはその場で現金で支払うことや、銀行振り込みか選べます。すぐにお金が必要という人は、支払い方法にも注目して業者を選びましょう。

買取に必要な書類は業者が用意

トラクターの買取をする際に、免許証のような身分証明書や印鑑が必要です。買取承諾書や譲渡証明書などの書類は、買取業者が用意しているので心配ありません。ですが、ナンバープレートがついているトラクターの場合は、市町村役場に返還する手続きが必要なので気をつけてください。